数学関連の話題や日々の出来事で思ったことを日記につづってみる。
■■■スポンサーサイト
--/--/-- --スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■■■やった!
2007/11/19 Mon未分類
100アクセス達成!!

見てくれたかたありがとうございます。

数式ばかりでなんじゃこりゃ?って思った方も多いのではないでしょうか?

ちなみに100アクセス目は自分で取っちゃいました><

なんか拍子抜け・・・。

これからもたま~に除いてやってください。
スポンサーサイト
トラックバック(0)+ +コメント(2)
指標つきテータ関数で基底を与えるPart1 ≪ BACK ≪ HOME ≫ NEXT ≫ さむいなぁ~
アクセス100おめでとうございます☆嬉しいですよね。ずっと気になってたんですけど、大学で数学を勉強している方っていつも②このブログのような式を解いたりしてるんですか?薬学と違って研究で何をしているのか想像がつきにくいのです。
2007/11/19 Mon URLミキティ〜#- [ 編集 ]
コメントありがとうございます。

そうですね~。確かに他の学生から見ると難しい数式とにらめっこしてる
イメージがあるかもしれないですね。でも、普段はミキティさんの生活と
あまり変わらないですよ^^。友達と遊んだり恋をしたりと。

大学1~4年生のうちは基礎的なことから専門的なことまで段階を追って
講義がありますね。
ミキティさんも薬学部なので微分積分と線型代数(ベクトルとか行列とか)はやったことがあるか現在やっているかなのではないでしょうか。
理系の教養課程でこの2つはやることが多いので。

それを大体終えると数学科の学生は数学の専門的な講義が入ってきます。いろんな分野がありますよ。微分や積分といった解析学と呼ばれるもの、
幾何学、他に代数学かなり大雑把に分けるとこの3つです。

僕は今大学院生なのでこのブログに書いてあるようなことをやってます。
数学にも色々な分野があって複雑な数式が出てくるものもあまり複雑な数式は出てこないものもあります。

ブログの記事の内容は複雑にみえるかも知れないですね^^;

同じ数学でも自分が勉強している分野と違う分野だと全然わからないことも
ありますよ。

大学院まで行くと講義は少なくて自分で本や論文を読むことが多くなります。

このブログに書いてあるのも読んだ本の備忘録みたいなものですね。
2007/11/19 Mon URLFarcon#- [ 編集 ]

管理者にだけ表示を許可する
HOME
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
プロフィール

Farcon

Author:Farcon
自分用メモに近いかな。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
数学関連書籍
ブログ内検索
RSSフィード
お勧めリンク
ブロとも申請フォーム

 
 
 
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。